• ITF WORLD TENNIS TOUR

    改定ポイント制度の概要

     

    2019.5.23改定発表含みますが、文章が曖昧なためルールブックの改定などで別途確認が必要です。

    その部分は、「模様です」としています。

    2019年1月に新設されたITFワールドテニスツアーについて、4月に続いて再度改定がされています。

     

    ・ATP・WTAポイントは15sを含む全ての大会に拡大付与。

    従来は男子は25sの決勝進出者以上、女子は25sまでが付与対象でしたが、本改正で拡大されます。

     

     

    ・ITFポイントは、15s大会と、25s大会の予選に付与。

    従来付与された男子のATPチャレンジャー予選と25s本戦のITFポイントは除外となる模様です。

    女子は25sの予選にITFポイントが拡大されることになります。
     

     

    ・リザーブ枠がジュニア3枠に削減されます。

    ITFポイントとITFジュニアポイントの上位ランク選手に与えられた、上位大会への「リザーブ」出場枠は、本改定発表によるとITFジュニア以外へのリザーブ枠がなくなる模様です。ジュニア枠も、従来の5から3枠に削減されます。

     

     

    ・予選ドローが48に拡大

    ITFワールドツアー大会の予選ドロー数が、現在の32から48ドローに増枠されます。

    2019年1月施行の24ドロー化でチャレンジの機会が奪われた選手が多く、これを4月の32、そして48と順次の是正となります。

    なお、これにより大会全日数は7日から8日へとなります。

     

     

    ・ダブルスプレイヤーのエントリー是正

    ダブルスで世界を目指す選手には厳しいエントリー制度となっていた、15sでのシングルスポイントでのエントリー前提が、本改定からは是正され、ダブルスポイントでダブルスのみのエントリーが受け付けられます。

     

     

    <今回の改定で男女の大枠でのポイント付与スキームは統一になる模様です。>

     

    今回のポイント制度改定は、2018年8月まで遡って再カウントされ、2019年8月5日にランキングに反映されます。

    大会への適用は2019年8月26日開始分からとなります。

    エントリーとアクセプタンス

    ATP・WTAツアー大会ならびにITFワールドテニスツアー大会共通で、出場権(Direct Acceptance)は以下の順にて与えられます。

     

    ATP・WTAポイント

    ITFポイント

    JTAポイント

    リザーブ枠・ワイルドカード枠・予選枠が別途


    上位選手が下位大会に参加できない一部の制限はありますが、どちらのポイントを持っていてもすべての大会へのエントリーでき、ITFポイントの選手がATP・WTAツアー大会にエントリーする事も可能で、出場権は上記の順で与えられます。

All Posts
×